商品開発・OEM 商品開発・OEM

TOP >  商品開発・OEM

食品のOEM生産、PB商品の開発・製造をお任せください。
「オリジナル商品を新たに販売したい」「商品のリニューアルを検討したい」「製造能力をオーバーしたので、一部工程を任せる工場がないか 」など、お客様の様々なご要望をお聞かせください。
原料商社としての豊富な経験から、原料はもちろんのこと、生産工場も液体・粉体・錠剤など、商品形態に合わせてご提案いたします。

開発の流れ

開発の流れSTEP1
開発の流れSTEP2
開発の流れSTEP3
▼ STEP1. ヒアリング

具体的な商品形態や加工方法が決まっていなくても大丈夫です。
お打ち合わせを行いながら弊社からご提案もさせていただきますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

▼ STEP2. 試作・御見積

ヒアリングにて決定した商品イメージに基づき、サンプルを試作し、「味」「外観、性状」等をお客様と確認いたします。
※試作は有償となる場合がございます。製品企画がきまりましたら見積書をご提示させていただきます。

▼ STEP3. 受注・製造

商品に合わせて決定した製造工場にて、受注時にお約束した納期に合わせて製造を行います。

  • 名刺交換

    ご挨拶

  • 会議

    お打ち合わせとヒアリング

  • 顕微鏡

    試作・開発

  • 成立

    成立

事例紹介

▶ 珈琲ショップ向け有機珈琲豆の供給

新規オープンする際に他店との差別化を検討していたオーナーより相談を受けて対応した事例です。
近年は、コンビニエンスストアでの100円コーヒーサーブなどの普及により廉価なレギュラーコーヒーが急速に普及しておりますが、その一方で安心安全・風味へのこだわりなどを要望する一定のユーザーが増えつつあります。そこで、有機コーヒーの小ロットでタイムリーな納品が可能なシステムを構築しました。こだわりの有機コーヒー豆を厳選しこだわりの焙煎工程にて製造したコーヒー豆を提供しております。
工場出荷は、当日(受注は10:00まで)または翌日の発送で出来立てを新鮮包装(*1)にてオリジナル包装袋にてお届けしております。

珈琲ショップ向け有機珈琲豆の供給01
珈琲ショップ向け有機珈琲豆の供給02
珈琲ショップ向け有機珈琲豆の供給03
▶ 海外OEM

贈答用商品のカタログ販売の販社様より、本場イタリアのパスタセットの商品化依頼がありました。そこで、イタリアミラノに在住するEU地区のマーケッティング担当者にお客様の要望された商品を供給できる製造工場の探索を依頼し、中身の仕様設計をお客様と共に商品化に成功いたしました。その際には、貿易に関する諸費用の算出も含め検討いたしました。

海外OEM01
海外OEM02
海外OEM03

© NatureLife All Rights Reserved.