オリジナル商品 オリジナル商品

TOP > オリジナル商品 > じゃばら(果汁・果皮・精油)

じゃばら(果汁・果皮・精油)

「じゃばら」とは、和歌山県北山村から三重県熊野市の熊野川支流と北山川周辺に、古くから自生していたと言われ、ミカン科カンキツ属に分類されています。
名前の由来は、「邪を払う:邪払」からと言われています。

▶ じゃばらの特徴

昭和54年に品種登録された「じゃばら」は、世界唯一の新種である事が判明しています。
当時、じゃばらを頻繁に食していた方々から、花粉症の症状が緩和するなどの情報が多く寄せられていたそうです。その後、追跡調査や各大学の研究実験により「じゃばら」には、フラボノイドの一種「ナリルチン」が他の柑橘類に比べて、格段に多く含まれている事が判明し、その「ナリルチン」が花粉症などのアレルギー症状の緩和作用がある事が、徐々に明らかになりました。

じゃばらの特徴
▶じゃばら原料について

当社ではオリジナル原料として、シトラスナリルチン®30(じゃばら果皮抽出物)以外に、じゃばら果汁、果皮(冷凍・乾燥チップ)、精油をご用意しております。

▶ 商品の種類
❖ じゃばら果汁

じゃばら青果を搾汁し果汁をそのままの状態で冷凍保存しているため、濃縮還元ではなく、ストレート果汁の風味を最大限に引き出しています。
じゃばら果汁を使用した商品のOEMも承ります。

◇100%じゃばら果汁:食品原料用、10kgバルク(殺菌・未殺菌)

❖ じゃばらまるごとフローズン
じゃばらまるごとフローズン

じゃばら青果(丸ごと)を非加熱で加工した業務用冷凍原料です。
無添加、無加糖のため、スムージーの原料としてはもちろんの事、野菜ジュース、フルーツジュース、フルーツソースなどのオリジナルメニューの材料としてもご使用可能です。
キューブ状に分けて製造し、冷凍保存しているため、使い切る事ができロスもありません。

◇100%じゃばら青果(丸ごと):食品原料用、キューブ型成型

❖ じゃばら果皮

じゃばら青果を搾汁後のじゃばらの果皮も原料として使用できます。 乾燥しパウダーとしてお菓子などに、また雑貨用としても使用可能です。
じゃばら果皮の加工についても、ご相談承ります。

◇じゃばら果皮:食品原料用、雑貨用
種類:冷凍果皮チップ、乾燥果皮チップ、粉体など

❖ じゃばら精油<完全受注生産>
じゃばら精油<完全受注生産>

じゃばら青果の収穫時期(11月、12月頃)にじゃばら精油を製造いたします。
完全受注生産となりますので、じゃばら精油のサンプルにつきましてもお問合せください。

© NatureLife All Rights Reserved.